恵比寿シリッチからの新着ブログ

SHIRITCHI 中村です!

源式ネックヘッドケアスクールを卒業し、先月末から店舗にてお客様にご案内をはじめましたが、あっという間に当店で整体&源式ネックヘッドケアが1番人気のメニューとなりました。

本当にあっという間でした。

 

SHIRITCHI は元々場所がら恵比寿という事もありデスクワークの方が大変多く、以前から首コリや肩こりに悩んでいた方がたくさんいた事はわかっていたのですが、ネックヘッドケアを店舗でご案内し始めてからさらに目の疲れや寝付けない、PC作業で腕が痛いなどさまざまな相談を受ける事が多くなりこの施術の需要を強く感じました。

予想以上に最初から整体とのセットのご予約をいただいたので、私の腕の筋肉と指の方が追いつかずしばらくは根性だけで施術していました。

色々な方の首や頭を施術していると当たり前なんですが、それぞれこったりはったりしている部分が違ったり、しこりをみつけたり、後頭部付近が硬いなど発見があります。

なので発見したら施術後にお客様に報告して一緒に驚いてもらう様にしています。頭皮が硬いって言うと意外と1番驚かれますね。

 

また、色々な方に施術するうちに、ネックヘッドケアの1番難しいところに気づきました。

技術や腕、指の力はもちろんですが、1番はいかにお客様に力を抜いてもらうかということだと思います。首をこちらで操作していくので力を抜いてほしい旨を説明しても、動かそうとするとやはり反射的に力が入ってしまうのか。ゆっくりおやすみになられているのにご自身で首を動かして下さる方も多いです。

仕方のない事なのかもしれませんが、その位首元を触られるというのは緊張するというか、繊細な部分なんだなと。自分が触り慣れてない時はすごく気を使って施術していましたが、慣れてきて気を抜いて雑に扱う事のないよう今後も気をつけていきたいと思います。

 

最近施術中にしこりをみつけて、そのしこりにアプローチをしていた時にスッとしこりがなくなった感触が指先でわかり感動しました。

あれは体験した人にしかわからない感触ですね。お客様も喜んでいたので私も嬉しかったです。

また、趣味でバスケをやっているというリピーター様が、肩甲骨の可動域を広げて弧を描くようなシュートを決めたいとスラムダンクの様な事を言って現在まめにネックヘッドケアを受けにきてくれています。

その熱い要望に応えられる様に今後も自身の腕や指を鍛えていきたいと思います。